上手な中古ドメインの使い方!便利な中古ドメイン活用法!

- 中古ドメインとの上手な付き合い方を知ろう

新着情報

●2016/01/29
中古ドメインとの上手な付き合い方を知ろうの情報を更新しました。
●2016/01/26
サテライトサイトを作るときには中古ドメインがいいを新規投稿しました。
●2016/01/26
メインサイトに出来るのかを新規投稿しました。
●2016/01/26
メインを活かすのもサテライトサイトがあるからを新規投稿しました。
●2016/01/26
確認して、メインサイトにするか決めようを新規投稿しました。

中古ドメインとの上手な付き合い方を知ろう

今だと誰もが1度は耳にしたことあるのはドメインです。
たくさんのドメインの中から、自分の知りたいことを探すのにインターネットの検索サイトを探すのも多いでしょう。

検索の結果、大抵は上位のサイトをみて、その中身をみて自分の知りたいことを探すでしょう。

そんなサイトの利用を裏返してみると、どれだけ検索結果で上位にくるかは、重要になってきます。

検索結果の上位を目指して

商品やサービスとなると、それだけ検索結果の上位になることを目指しています。
それは、企業や団体にとってもアピールする機会となり、さらなる利益追求やさらなる発展へと繋がります。

そんな上位を目指す方法として、今では新規ドメインを利用するよりも中古ドメインを利用することも一般的となりました。


中古ドメインとの付き合い方を知ろう

そもそも中古のドメインを利用してほうがいいのをご存じですか。

中古のドメインは、以前は使われていたドメインだが、今では使われなくなったドメインのことです。
ドメインも登録制であり、さらに更新制です。
いったんは新規ドメインとして登録をして、それから多くの人に利用されます。
この頃のドメインとの付き合い方は、いかにドメインを成長させるかとなります。
多くの人にみてもらえるようにするか、検索結果の上位にこさせるようにするか、内容の更新やさらには、リニューアルがあります。
リニューアルは、たとえドメインの内容が同じでも外見的にデザインを変えたり、操作性を変えることです。
特に大企業だと利用者が多いのですが!操作性を見直すことも多くして、より人をゲットしようとします。
大手の銀行や保険会社もしばしばリニューアルと称して、デザインを変えていきます。
新規ドメインだとこうした成長のさせ方で、付き合っていくことになるのです。

その一方で中古のドメインの場合には付き合い方はどうなるのでしょうか。
ドメインの内容の充実は、新規ドメインとされほどかわりはありません。
やはり内容が充実させないことには、いくら中古のドメインでメリットが多いといっても人が訪れることはありません。
定期的な内容更新やリニューアルは、常に課題となっていきます。
これは、中古のドメインをメインサイトとして利用した場合です。
なお、付き合うときには注意として、検索結果の位置付けのチェックも必要です。
最初の頃は、上位に来やすかったりしますが、そのうちに段々と下がることもあります。
他の新規ドメインが成長してきたためもありますし、中古のドメインの内容が古くなってきたり、あらためて審査されたりして、ランクを下げたりするのです。
また、中古のドメインだからと有利になっていましたが、正しく評価されて、本来の検索結果の位置付けに戻ったとも言えます。
それを常にチェックしておかないと、いつのに間にかさがっていて、それに気づかず利益やメリットを受けれない、損していることになるのです。
ですので、普段からこまめにチェックしておくことが求められます。

メインでもサテライトサイトでも付き合える

昔だと、中古のドメインはサテライトサイトのみしか使えない、メインサイトとしては利用できないなんて意見もありました。
しかし、それを見直ししてみると、実際にメインサイトとして運営もできたなんてケースもあるのです。
それを実体験として、やり方を紹介する記事も増えています。
それを参考にすれば、中古のドメインとの付き合いの幅も広がりそうです。

子ページにて、中古のドメインの活用法を紹介

子ページにて中古のドメインの活用法として、メインサイトとして利用する場合やサテライトサイトとして使うときの注意点などを書いています。
また、組み合わせについてもありますので、ぜひ参考にしてみるといいかもしれません。

メインにしろサテライトサイトにしろ、事前のチェックやさらに複数購入して決めるなどいろいろな中古のドメインに判定方法も書いています。
やはり購入するのですから、しっかりしたものを選びたいものです。
選べなければ、成果も出ません。

また購入してからも、中古のドメインをメインにしていいのかも悩み所です。
そうした場合、中古ドメイン販売屋さんで取得してからためしの運営をすることを子ページにて紹介しています。
これを読んでより、中古のドメインの選び方を覚えるといいでしょう。

最後に

中古のドメインとの付き合い方も、ただ公開して使えばというわけではありません。
ぜひ、付き合い方の知識を取り入れて有効に活用することが大切なのです。