確認して、メインサイトにするか決めよう

- 確認して、メインサイトにするか決めよう

確認して、メインサイトにするか決めよう

中古ドメインの利用の仕方として、大きな分岐としてメインサイトにするか、サテライトサイトにするかがあります。
どちらにするかによって、今後のドメインの運営にも関わってきます。
もちろん、最初からサテライトサイトにするのであれば、特に意識しませんが、もしメインサイトにしようかとも考えていたら、中古ドメインの確認も必要です。

確認はまずは販売サイトにて

確認するときには、販売サイトにて行います。
一覧表形式にて、ドメインエイジや被リンクがわかるので、それをベースに見極めることができます。
あとは、事前にペナルティチェックやSEOチェックをしていくといいでしょう。


購入するときには複数購入してみる

こうしたチェックをしてみても、すぐに成果が出せるとは限りません。
ところが実際に使ってみるまで、わかるものでもありません。
そこで、メインサイトにする前に試しに使ってみたほうがいいのです。

その確認方法として、実際に購入したものを公開してみます。
そのときには、同じ内容にしておき、どれがよく検索結果の上位にくるかをみておくのです。
公開してみて、1週間後や1ヶ月後の結果を見て、確認するといいでしょう。
そこで上位に来ているものをメインサイトにしてみたらいいでしょう。

この方法では数が多いほどいい

この方法では数が多いほうが比較しやすく、参考にもなりやすいのです。
少ないとあまり参考にならなかったりします。
また購入するときのページランクもある程度は同じにしておいたほうがいいのです。
また、複数買っておけば、メインサイトの結果が下がってしまっても、時には別のものをメインサイトにして、アップを狙うという手も使えます。
複数購入では予算がかかりますが、それでも購入して確認する価値はあります。

最後に

中古ドメインもメインサイトにすることは可能です。
そのためにも、事前の確認をすることです。
時間も若干かかりますが、ぜひ成功させるための時間と思うといいでしょう。