中古ドメインと新規ドメインの組み合わせを意識しよう

- 中古ドメインと新規ドメインの組み合わせを意識しよう

中古ドメインと新規ドメインの組み合わせを意識しよう

ドメインを構築するとき、やはりいかに多くの人に見てもらえるかを意識しなければなりません。
企業だと、それによって収益が変わりますし、団体とかだと自分達の意見の発信やアピールへと繋がります。

また、個人でもアフィリエイトならば収益に関わります。
そうでなくても、個人のドメインを見てもらえて、応援してもらえるということで、やはり人に見てもらいたいものです。

中古ドメインと新規ドメインの組み合わせ

中古ドメインも新規ドメインのどちらもメリット、デメリットがあります。
それを理解して利用すれば、きっと大いにドメイン運営を成功させられるでしょう。

しかし、利用するときに新規ドメインだけ、中古ドメインだけと決めつけて使ってしまうのはもったいないです。
やはり決めつけるとそれだけ、メリットを受ける機会を減らしてしまうのです。
せっかくですから、新規と中古のドメインを組み合わせて、利用してみることも考えてみましょう。

よくある新規と中古のドメインの組み合わせとは

よくある組み合わせとは、メインサイトに新規ドメインを割り当て、サテライトサイトに中古のドメインを割り当てるものです。
メインサイトでは、新規ドメインを使い、徐々にページランクをあげていく、被リンクを増やしていくというほうが中古のドメインのリスクを避けられますし、その方がドメイン運営も健全と考えられています。
サテライトサイトだと、どんな方法でも利用しても、あくまでサテライトということで問題はないでしょう。
サテライトは、代替えも聞きやすいので中古のドメインリスクを背負っても再び別の中古のドメインに置き換えることもしやすいです。
代替えをしても問題がないかも組み合わせで考えるといいでしょう。

あと、メインサイトも中古のドメインを利用するのもいいのです。
中古のドメインを利用するのもそのサイトのジャンルにもよりますが、利用する人も大勢います。
個人だとより中古のドメインを利用して、サテライトサイトも中古を利用するという組み合わせでも問題無いでしょう。


最後に

組み合わせ次第を改めて、考え直すとよりドメイン運営を成功へと繋げることもできるかもしれません。